肌きら

美容専門ライター集団が美容に関する情報を徹底検証し、皆様に役に立つ情報をわかりやすくお伝えいたします

ライフスタイル

IQOS(アイコス)のメンテナンス方法

更新日:

喫煙者に人気急上昇しているタバコといえば、加熱式煙草IQOS(アイコス)ではないでしょうか?

 

紙タバコからアイコスに帰るメリットはたくさんあり、多くの人が乗り換えをしているのが現状です。そんなアイコスですが、使用していく際にはメンテナンスが欠かせません。

 

メンテナンスを怠ってしまうと、味が不味くなったり、急な故障などが起こってしまう可能性もあります。

 

アイコス唯一のデメリットともいえるメンテナンスですが、実際にどのような方法でメンテナンスをすれば良いのかをまとめてみました。

 

IQOS(アイコス)の正しいメンテナンス方法

アイコスのメンテナンス、つまりアイコスを掃除していくわけですが、正しくメンテナンスできている人が少ないようにも感じます。

 

自己流でやっている人も多く見られるので、是非ここで正しいやり方を学び、実践していきましょう。

 

アイコスをしっかりメンテナンスする事によって、スカスカ感を感じる事も少なるなりますし、何よりアイコス本来の味を楽しむ事ができます。

 

また、故障防止にも繋がるので、しっかりとメンテナンスをしたいところですね。

メンテナンス用品は付属品として付いてる

アイコスを掃除するには、「アイコスクリーナーブラシ」と「アイコスクリーニングスティック」が必要になります。これはアイコスを購入した際に、付属品として箱に入っていたはずです。

 

その二つのメンテナンス用品を使いアイコスを綺麗にしていきます。注意点としては、アイコスをメンテナンスする際には、加熱ブレードが十分に冷めた状態から始めるようにしましょう。

 

加熱した状態で掃除しようとしてしまうと、余計な焦げがついたりしてしまうので、メンテナンスの意味がなくなってしまいます。

アイコスクリーナーブラシ

まずは、アイコスクリーナーブラシで加熱ブレードを掃除していきます。ブラシは丸くなっていて、一見ガチャガチャのおもちゃが出てきそうですが、開けると中がタワシのようになっています。

 

加熱ブレードは、メンテナンスをせずにそのままにしておくと、どんどん屑が溜まっていきます。あまりに溜まりすぎると、加熱する事ができなくなるので故障してしまいます。

 

こういったことから、このブラシでの掃除が、アイコスをメンテナンスする上で一番重要なところといっても間違いはないでしょう。

 

やり方は簡単で、ヒートスティックのキャップを外します。そして、ブラシの大きい方でヒートスティック本体を掃除し、小さいブラシでキャップの方を掃除していきましょう。

 

それぞれブラシに差し込み、グリグリと回すだけです。黒い屑が落ちるので、ティッシュなどをひいて行って下さいね。

アイコスクリーニングスティック

アイコスクリーニングブラシでの掃除が終われば、次にアイコスクリーニングスティックを使ってさらに綺麗にしていきます。

 

付属品としては、10本入りとなっていて、使い捨てでの使用となります。新たに欲しい場合は、アイコスストアなどで購入するようにして下さい。

 

袋を開けると、綿棒のようなスティックが出てきます。まあ、綿棒なんですが、一般的な綿棒よりも細く作られており、エタノールが染み込んでいるのが特徴です。

 

このクリーニングスティックで、ブラシで綺麗にした後のヒートスティックをさらに磨いていきましょう。作りが細いので、かなり細かく掃除することができます。

 

底面や側面、加熱ブレードとブラシで取りきれなかった屑を取っていきましょう。終わった後に中を覗けばわかりますが、かなり綺麗になっていることに驚くはずです。

 

アイコスのメンテナンス頻度

アイコスのメンテナンスはそこまで難しくなく、やるだけで見違えるほど綺麗になりますし、常に味を保つ事ができるので、確実にやった方が良いのは言うまでもありません。

 

では、アイコスのメンテナンスですがどのくらいの頻度で行なうのがベストなのでしょうか?

1日1回、20本吸った後がベスト

アイコスをメンテナンスする頻度としては、1箱吸い終えた後にするのがベストだと言われています。平均的に、1日で1箱を吸い終えることが多いです。

 

ですので、その日に最後の1本を吸い終えた後に掃除をするのが、ベストなタイミングだと言えますね。

 

もちろん、1日に吸う本数がもっと少ない人であれば、2日に1度くらいのペースでも構いません。最低でも20本を吸い終えた時には1度メンテナンスをするのがおすすめです。

加熱ブレードが折れる事もある

メンテナンスが大事だからといって、1日に何回も掃除を行なう必要はありません。何度もメンテナンスを行い、加熱ブレードに負担をかけてしまい、ブレードが折れてしまったという事例もあります。

 

ですので、こういった事態にならない為にも、適度な回数のメンテナンスを行うようにしましょう。

 

アイコスクリーニングスティックがなくなったら

前述していますが、アイコスクリーニングスティックは付属品として20本しかありません。ですので、定期的に掃除をすれば、あっという間になくなってしまうのが現状です。

 

こういった場合は、アイコスストアで購入したり、ネットの通販サイトなどで購入することができます。価格にして1箱400円ほどで、オークションサイトなどではもっと高額で売られている場合もあります。

 

「そんなに高いの?」と感じてしまう人も少なくはないはずです。そんな方にアイコスクリーニングスティックがなくても大丈夫、代替えになる品をご紹介します。

ベビー用の綿棒

アイコスクリーニングスティックと格好良い名前であっても、所詮は綿棒です。なので、他の綿棒を代替えに使う事をおすすめします。

 

アイコスクリーニングスティックは、一般的な綿棒を比べてもかなり細いタイプに綿棒なので、できるだけ細いものを選ぶようにして下さい。

 

中でも、ベビー綿棒を選ぶと良いかもしれません。アイコスクリーニングスティックに比べると、まだまだ太く感じますが、加工するなどすればもっと細くすることは可能となっています。

 

明らかにコスト的にパフォーマンスが高いので、アイコスのメンテナンスにお金を掛けたくない方にはおすすめできます。

無水エタノール

綿棒にプラスして、エタノールも用意したいところです。エタノールの中でも消毒用に使われている無水エタノールを使用する事をおすすめします。

 

普通のエタノールでは、電子機器の故障の原因ともなってしまう可能性もあります。無水エタノールは、電子機器や精密機器の掃除にも使えるので、そちらを選ぶようにしましょう。

 

アイコスもいちおう精密機器の一つです。間違ってもアルコールなどは使用しないように注意して下さい。

 

また、危険性は低いですが、無水エタノールにも引火性があるのは確認されているので、取り扱いには十分に注意するようにしましょう。

 

まとめ

アイコスを大切に扱っていくには、日頃からのメンテナンスが非常に重要です。試してもらえるとわかりますが、メンテナンスをしていないアイコスと、しているアイコスでは大きく味が違ってきます。

 

間違いなく、メンテナンスをしているアイコスの方が、美味しく味わえるのは言うまでもありません。

 

また、面倒だからという理由で掃除を怠り、加熱ブレードが故障してしまっている人も多くいるのが事実です。ちょっとしたメンテナンスを怠るだけで、アイコスが壊れてしまっては元も子もありませんね。

 

確かに毎日の掃除は面倒と感じてしまうともありますが、癖付けすることによって、それが習慣化されるでしょう。

-ライフスタイル
-, , ,

Copyright© 肌きら , 2018 All Rights Reserved.