肌きら

美容専門ライター集団が美容に関する情報を徹底検証し、皆様に役に立つ情報をわかりやすくお伝えいたします

健康

食欲を増進する3つの方法!食欲がない人必見、胃を活発にする秘訣とは?

更新日:

しんどくて食欲が沸かない…
食べたいけど食べれない…
太りたい!

ストレスや夏バテなどにより、食欲不振になってしまうことは割とよくあることです。

食欲がなくなると活動に必要なエネルギーが摂取できず、仕事や勉強に集中できなかったり頭痛や貧血など別の体調不良を引き起こしてしまうことも多いです。

今回は食欲がないという人のために、食欲を増進させる3つの方法を紹介していきます。食欲を取り戻し、元気な毎日を送りましょう!

①食欲増進効果がある食べ物を摂取する

食べ物の中には、その食べ物自体が食欲を増進してくれる効果があるものが存在します。

ここでは食欲増進効果がある食べ物を、一部紹介させていただきます。

是非食欲がないという時の食事に取り入れてみてください。

梅干し

食欲がない時には梅干しを食べると良いというのは、割と有名な話ですよね。

梅干しは味がさっぱりとしていますし、小さいので食欲が全くわかないという時にも一つくらいなら…と摘まみやすいです。

 

しかし梅干しは食べやすいだけでなく、きちんと食欲を増進する働きもあるんです。

梅干しには、クエン酸やコハク酸、リンゴ酸、酒石酸などが多く含まれており、これらのおかげで口に入れるだけで唾液が沢山分泌されます。

胃液の分泌も高まるため、食べたものを消化しやすくなり、食欲増進が期待できるというわけです。

唐辛子

夏バテや食欲がない時には辛い物を食べると良い、というのも有名な話ですよね。

特にオススメは唐辛子、唐辛子を摂取すると、辛み成分であるカプサイシンが胃の粘膜を刺激し、胃液の分泌を促進してくれます。

 

また同時に消化器の血流も良くしてくれるため、冷えた内臓が温まり食欲増進の効果があるとも言われています。

唐辛子は代謝を良くしてくれる働きもあるので、食欲は戻したいけどあまり太りたくないという人にもおすすめの食材です。

お酢

梅干しもそうですが、食欲がない時にすっぱいものを摂取することはとてもおすすめです。

原料にお米を使っている米酢には、十数種類もの有機酸が含まれており、有機酸には糖質の代謝を促し活性化させる働きがあります。

 

またお酢の酸味が味覚や嗅覚を刺激し、食欲をコントロールしている脳の摂食中枢に働きかけ、さらには胃液の分泌を促し消化酵素や消化液の分泌を活発にしてくれます。

すっぱい食べ物は食欲が落ちやすい夏でもさっぱりと食べられるので、夏バテで食欲がないときにもおすすめです。

生姜

生姜がもつ独特の香りと辛味成分は、食欲を増進させる効果があります。

生姜の辛み成分は口に入れた瞬間唾液の分泌を促してくれますし、胃腸を整えて消化吸収を助けてくれる役割もあります。

 

また生姜は直接固形物を食べなくても、生姜ドリンクなどで手軽に摂取することができます。

食事の前に生姜ドリンクなどを飲み、そのあと食事を摂る…というのもおすすめです。

 

食事せずに食欲を沸かせたい方には、にんにくエキスの詰まったサプリがおすすめです。

にんにくには、胃を活発させる「アリシン」と呼ばれる成分が含まれており、疲れて弱った胃を刺激し、活性化に働きかけます。

また、にんにくは疲労回復にも良いとされる食べ物なので、疲れや夏バテなどによる食欲不振にも効果テキメンです!

☞ 食欲増進に効くにんにくサプリはこちら!

②食欲が湧くツボを押

あらゆる体の不調を改善してくれるツボ押し。

実は食欲増進を手助けしてくれるツボがあることをご存知でしたか?

ツボ押しは道具などもなく手軽に行えるため、ぜひ今すぐにでも試してみてください。

内関(ないかん)

まずは最も手軽に押すことができる、手にあるツボから紹介します。

内関(ないかん)は手首を曲げたときにできるシワから指3本分の位置、縦に2本できるすじの間にあるツボです。

 

胸から胃にかけての痛みや不快感を治す効果があり、胃の不快感で食欲が落ちている人にはうってつけのツボになります。

また乗り物酔いやつわりなどのムカムカにも効果があります。

肘側から、すじの間に指先をぐっと押し込むような感じで押していきます。

手首にあるツボなので、どんな状況でも手軽に押せるところが嬉しいですね。

中脘(ちゅうかん)

中脘(ちゅうかん)はお腹にあるツボの一つです。

おへそから指4~5本分上…みぞおちとへそを結んだ線の中間点にあり、胃に関わる諸症状に効果があると言われています。

胃の働きも良くしてくれるため、結果的に食欲増進効果も期待できるでしょう。

 

中脘(ちゅうかん)を押すときは軽く3秒程度、満腹時を避けて1日3回を目安に押してみましょう。

身体の前方に位置する押しやすいツボなので、オフィスや学校などでも人目をあまり気にせず押すことができます。

足三里(あしさんり)

足三里(あしさんり)は、その名の通り足にあるツボの一つです。

ですが場所は足の裏ではなく、脚の前側…膝から指4本ほど下の外側のくぼみにあたる部分になります。

 

胃とつながりのあるツボとして昔から知られており、胃の調子を整えることはもちろんですが足の疲れを取るなら足三里を押すと良いとも言われています。

足三里は押すと少し痛いので、親指で軽く指圧してあげると良いです。10秒の指圧を5回ほど繰り返しましょう。

③食事の仕方を見直す

食欲がない時は、一度自身の食事の仕方を見直してみましょう。

特に女性は食事を摂るときに栄養バランス、ダイエットなど色々考えてしまうため、ますます食欲が落ちていくという悪循環に陥りがちです。

あくまで食欲を増進させたいと考えるのであれば、以下のポイントを実践してみると良いでしょう。

好きなものを食べる

自身の体を気遣い食事を工夫することは、悪いことではありません。

しかしそれであまり好きなものを食べていないと、別に食べなくても良い、という思考に陥りがちになり、その結果胃腸が弱り食欲が失われていってしまいます。

 

食欲を増進させたいのであれば、一先ず何も気にすることなく自分が食べたいもの、食が進むものを食べるようにしましょう。

どんな食べ物でも口に入れれば、胃腸の機能は少しずつ回復していき、食欲増進へと繋がっていきます。

一日の食事の回数を増やす

食事は通常、朝昼晩で三食摂るのが理想とされていますが、食欲がない時はなかなか一回でたくさんの量を食べる気になれませんよね。

そういう時は1回の食事量は少なくても良いので、一日五食など食事の回数を増やしてみましょう

 

一回の食事の量は少なくても、胃に食べ物を入れればきちんと胃は働き始めます。

胃がきちんと働けばおのずと食欲も増進されていくので、食欲がない時は1回の食事量や一日の食事の回数にあまりナーバスになりすぎず、何となく食べられそうなときに食べられそうなものを食べる、という意識でいるようにしましょう。

ハーブや香辛料をうまくつかう

ハーブや香辛料は、人間の食欲をそそる香りがするものが非常に多いです。

またハーブや香辛料は、胃の働きを活性化させたり粘膜を刺激してくれるものも多いので、そういった点でもおすすめになります。

 

普段の食事ではなかなかハーブや香辛料は使う機会がないかもしれませんが、そういった人ほどいつもとは違うメリハリが食事にでて良いかと思います。

食物繊維は避けた方が無難

サラダや野菜などに多く含まれる食物繊維、お通じを良くしてくれたりと良い働きがあるイメージがあるかと思いますが、食欲を増進させたい時は摂取を避けた方が良いです。

理由は食物繊維の特徴である腹持ちの良さやお腹へのたまりやすさが、食欲増進の妨げになってしまうから。

 

食物繊維が豊富に含まれる食べ物は少量でもすぐにお腹いっぱいになってしまうため、結果的にあまり量自体は食べれなくなりがちです。

生野菜系は食べやすいので食欲がない時にはつい食べてしまいがちですが、敢えてそういったものは避けましょう。

食欲増進におすすめ!注目のサプリ

食欲ないのに食べれない!
食べずに食欲を増やしたい…

そんな方には「にんにく」エキスが詰まったサプリがおすすめ。

にんにくには、胃の働きを活性化させ、元気な体へ導くアリシンがたっぷり含まれます。

普通なら生のにんにくが一番ですが、それでは刺激が強すぎ&においも気になるので、手軽に摂れるサプリがベストです。

こちらは、青森県産 にんにくと宮崎県産 有精卵黄のエキスを1粒にギュッと凝縮しているサプリです。

にんにくの有用成分をしっかりと届け、食欲増進へと導きます!

また、においが気にならない二重コーティングカプセルなので安心です。

☞ 1か月分960円!詳細はこちら!

まとめ

食欲がないという人のために、食欲を増進させる方法を紹介してきましたがいかがでしょうか。

食事は一日元気に活動を行う上で、欠かせないものとなります。

是非上記で紹介した食欲増進の方法を試し、はつらつとした毎日を送ってください。

-健康
-, , , ,

Copyright© 肌きら , 2018 All Rights Reserved.