性の悩み

生理中に性行為をする方法

更新日:

女性とは切っても切れない関係にある生理。毎月のことですし仕方がないとはいえ、折角彼氏と良い雰囲気になったのに「ごめん、今生理中で…」とお断りするのは、ちょっと罪悪感を抱いてしまいますよね。特にタイミングが悪く、何回もそんなことが続いたらなおさらです。

 

そしてもしも彼氏から、生理中でも構わないからセックスがしたいと言われた場合、どうしたらよいのでしょうか。今回は生理中でもうまく性行為をする方法を、まとめて紹介していきたいと思います。

タオルを敷いて生理中に性行為をする

生理中の性行為をするにあたって、最も手軽で双方の負担も少ないのは、身体の下に汚れても良いタオルを敷くというものです。生理中の性行為は、どうしても血液がシーツなどに落ちてしまうリスクが伴います。

 

後片づけのことを考えてエッチに集中できない…ということを防ぐためにも、生理中の性行為はタオルを敷いてから行うようにするのが無難でしょう。

大きめのタオルを複数枚敷くのがベター

生理中に性行為を行う際は、できるだけ大きめのタオルを複数枚敷くのがベターです。性行為に夢中になると身体がずれたりしてしまい、小さいタオルだと折角敷いたのに結局布団に経血がついてしまったということにもなりかねません。

 

また性行為を始める前はあまり血が出ていないと思っても、中への刺激や性的な興奮が高まると、膣の奥からドバッと経血が溢れてしまうこともよくあります。この時タオルが一枚だと下まで染みてしまう可能性もあるので、できるだけ複数枚敷いておくようにしましょう。吸水性があるものだとなお良いです。

体位は正常位で

生理中に性行為をする場合の体位は、正常位がベター。これは身体の下にタオルを敷く場合、正常位が一番経血がタオルにきちんと吸収されていくということは勿論ですが、正常位…つまりは仰向けになると性行中の血液の流れが抑えられという理由もあります。

 

また女性の腹部への圧迫感も正常位だと受けにくいため、生理中はできるだけ冒険はせずに正常位で性行為を行うようにしましょう。

臭いの対策も

タオルなどを敷いて準備も万端、いざ性行為をはじめてみたものの、血の匂いや経血特有の何とも言えない生臭さのせいで、エッチに集中できない…という思いをしたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

生理中に性行為を行う際は、経血の臭い対策もしっかり行うようにしましょう。性行為の前にできるだけ膣の中や外を綺麗にしておくことはもちろんですが、香りのするローションなどを使うのもおすすめです。

生理中の性行為はお風呂場でシャワーを浴びながら

生理中の性行為は、どうしてもシーツや身体の経血での汚れなどが気になりますよね、そんな人におすすめなのが、お風呂場でシャワーを浴びながら性行為をするという方法です。

汚れを気にしなくても良い

お風呂でシャワーを浴びながら性行為を行うのであれば、最初から生理による汚れなどを気にする必要もありません。また常にシャワーを流していれば、経血が流れだすのをあまり気にせずにセックスを行えるというのも大きなメリットです。

いつもと違う雰囲気が楽しめる!

お風呂場でのセックスは、普段のベッドでの性行為とはまた違う雰囲気で行うことができます。お風呂場だと体位などは限られますが、それがまた新鮮で良いという声も。

 

普段なかなか性行為を行うことがない場所でのセックスは、意外と盛り上がるものです。生理中だからセックスができないと悩まずに、いつもとはちょっと違う場所で違うことができるというくらいの気持ちでいましょう。

生理中はペッティングなどの軽めの性行為を行う

生理中に性行為をしたくなることは男女ともに比較的よくあることのようですが、やはり挿入までするのは抵抗がある、ちょっと怖い思っている人も多いです。そういった人は、生理中の性行為は挿入は避け、ペッティングなどの軽めの性行為を行うこともおすすめです。

生理中の性行為は、彼女の身体の調子に合わせたペッティングを

一口にペッティングといっても、挿入以外を指すためその程度は色々だと思います。本当に触りっこやキスをするだけでおしまいという人もいれば、素股などを行う人もいるでしょう。

 

どれも間違いではありませんが、生理中の性行為でペッティングを行うのであれば、彼女の身体の調子に合わせて行ってあげてください。生理が重い、調子が良くないのにペッティングだけだから!と強引に素股や69などを行うといったことはやめた方が良いです。

彼女がセックスに乗り気ではない場合オーラルセックスを

生理中に彼氏はセックスをしたいけれど、彼女側は現在性欲が薄め、ペッティングなどもちょっと…という場合は、オーラルセックスを試してみるのも良いかと思います。

 

オーラルセックスとは女性から男性へのフェラチオのことであり、うまく行えば彼氏のことを満足させられるでしょう。普段あまりフェラチオをする機会がないという人も、生理中ということで思い切って挑戦してみてはどうでしょうか。

そもそも生理中の性行為は問題ないの?

そもそもの疑問として、生理中の性行為は問題がないのかと考えてしまいますよね。身体に悪いんじゃ、病気になりやすくなるんじゃ…そんな不安が渦巻いて、彼氏に誘われても生理中は頑なに性行為を断っているという女性も多いかと思います。

 

ここではそもそも生理中に性行為を行うことは問題がないのかということを、解説していきたいと思います。

生理中でも性行為は問題ない

結論から言うと、生理中でも性行為自体を行うことは何も問題ありません。生理中は性欲がなくなると思われがちな女性ですが、実は半数近くは生理中性欲が高まる傾向にあり、セックスをしたくなる人もとても多いです。

 

生理中にセックスをしたから病気になった、身体に悪影響があるということはないですが、もちろん体調が優れないときや生理が重たい時は避けてください。生理でなくても、体調不良の時にセックスをすると具合は当然悪くなりますよね。それと一緒です。

生理中の性行為は普段よりも優しく

生理中に性行為をしても問題はありませんが、生理中の女性の身体は想像以上に敏感で繊細になっています。生理中に肌荒れしてしまったり、痛みを感じやすくなったりした経験はありませんか?性行為を行う時は特に身体の中でも敏感な部分に触れることになるため、普段よりも優しく刺激をしてもらわないと気持ち良いどころか痛い!なんてことにもなりかねません。

 

特に生理中に挿入する場合や、膣内を弄るときは十分に注意してください。生理中の子宮は古い内膜が剥がれおちているという状態なので、非常に敏感になっています。そのため挿入やピストンで痛みを感じることもよくあります。女性側が痛い思いをしていたりする場合は、生理中の性行為は避けた方が無難でしょう。

生理中の性行為でも妊娠はする

よく生理中は妊娠をしないから、避妊具なしで性行為ができる…という話を聞きますが、これは大きな間違いです。確かに生理中は妊娠する確率は低いですが、だからといって全くの0になるわけではありません。生理開始1日目から妊娠する可能性は十分にあります。

 

生理中だから避妊具なしで性行為ができるという考えは、実はとても危険で誤った知識です。望まない妊娠を避けるためにも、必ず生理中でも避妊具を着けるようにしましょう。

まとめ

生理中でも性行為をする方法をまとめて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。生理中のセックスに関する情報は、誤ったものも散見されますので、しっかりと正しい情報を見極めることが大切です。

 

大切なパートナーを守るためにも、安心安全でお互いが心も体も気持ちよくなれる性行為を心がけるようにしましょう。

-性の悩み
-, , , ,

Copyright© メソップ , 2017 All Rights Reserved.