美容

毛穴の汚れを落とす方法

更新日:

毛穴の汚れをきれいに落とさずに放置しておくと、黒ずみやニキビやくすみなどの原因となります。毛穴の汚れには、汗、ほこり、メイクの油、皮脂、角質、角栓などがあります。これらの毛穴の汚れは、普通の洗顔方法だけでは、なかなか落とすことが困難なものもあります。

 

これらの毛穴の汚れを無理やりに落とそうとして、洗顔回数を増やしたり、ゴシゴシ擦ったりしても、肌を傷付けたり、乾燥肌になったりして逆効果となります。気になる黒ずみや角栓や角質などの「毛穴の汚れを落とす方法」をお伝えします。

 

濃密泡で汚れを浮かせる泡洗顔で落とす方法

 

 

毎日の朝と夜に2回行なう基本洗顔は、1年365日、1日2回キチンと行なうことで、毛穴に汚れが溜まるのを防ぐことができます。顔のクスミや黒ずみやニキビなどは、この毎日の基本洗顔が正しく行なわれずに、毎日の汗やメイクの油や皮脂などが毛穴に汚れとして溜まった結果なのです。

 

毛穴の汚れを無理やりに落そうとして、強い界面活性剤のクレンジングを使ったり、タオルや手でゴシゴシと擦りつけたりすると、さらに肌ダメージを与えトラブルの原因となります。そこで毎日の基本洗顔に濃密な「泡洗顔」を取り入れると、頑固な汚れも簡単に落とすことができます。

 

濃密泡の洗顔で落とす手順

  1. 「泡立てネット」または「泡立て器」で濃密泡を作る
  2. ぬるま湯で軽く前洗顔をする
  3. 濃密泡を顔に乗せて指の腹で優しく撫でるように馴染ませる
  4. ①Tゾーン→②頬→③目や口元の順番で馴染ませ、5分ほど間をおく
  5. ぬるま湯ですすぎながら濃密泡をきれいに洗い落とす
  6. 柔らかめのタオルを押し付けながら水分を拭き取る 

濃密泡による洗顔のポイントは、毛穴に詰まった汚れを落としやすいように、泡の力で“浮かせる”ことです。毎日行なう基本洗顔なので、肌にダメージを与えることなく毛穴の汚れを確実に落とすことが大切です。

 

蒸しタオルとクレンジングオイルを使って落とす方法

洗顔をする前に蒸しタオルを使って毛穴を開き、毛穴に詰まった汚れを浮かせた後で、洗い落とす方法を紹介します。洗顔する前に蒸しタオルを使うことで毛穴が開き、毛穴の奥に詰まったしつこい角質や角栓、ポツポツとした黒ずみなどの汚れも落とすことができます。

 

蒸しタオルは電子レンジで温めて簡単に作れます。できるだけ柔らく厚めのタオルを用意します。タオルを水で濡らして軽く絞りラップで包んでから電子レンジで約1分間温めます。顔に当てる時の適温は45℃前後です。顔に当てる前には、手で45℃ぐらいまで冷ましてから使用します。電子レンジを使わない場合には、50℃のお湯に浸してから絞る方法でも作れます。

 

蒸しタオル&クレンジングオイルで落とす手順

  1. ぬるま湯で軽く前洗顔をしておく
  2. 蒸しタオルで顔全体を覆い5分程度間をおく(毛穴が開く)
  3. クレンジングオイルを適量指先に取り、特に気になる部分に塗る
  4. オイルを塗った部分を指の腹でくるくると軽くマッサージする
  5. ぬるま湯ですすぎながらクレンジングオイルをきれいに洗い落とす
  6. 柔らかめのタオルを押し付けながら水分を拭き取る

 

指の腹でマッサージすると、指先がザラザラした感じになるのは、浮いた角質や角栓が取れている証拠です。なお蒸しタオルの使用は、敏感肌など肌が弱い人には向いていません。毎日行なう基本洗顔を続けながら、週に2回程度蒸しタオル洗顔を取り入れると効果的です。

 

鼻の黒ずみ(イチゴ鼻)は、綿棒くるくるマッサージで落とす

「蒸しタオル&クレンジングオイルで落とす手順」の中で、指の腹でくるくるとマッサージする代わりに、綿棒を使ってくるくるとマッサージすることで、鼻の黒ずみなど取れにくい汚れを落とすことができます。

 

角栓が詰まった毛穴を綿棒でマッサージすることで、角栓がオイルと馴染み浮き出てきます。くるくるとマッサージすることで、厄介な黒ずみも毛穴の外に出てツルンと取れてしまいます。

 

お風呂の半身浴後にオリーブオイルを使って落とす方法

お風呂の湯船に浸かり半身浴をすると、汗をかいて毛穴が開くことから、汚れを落としやすい状態にしてオリーブオイルでしっかりと毛穴の汚れを落とす方法があります。湯船のお湯の蒸気がスチームの役割を果して、肌の毛穴を開いて汚れを浮き上がらせてくれます。

 

湯船からあがってから、汗や水分をタオルで拭き取った後で、オリーブイルを顔の気になる部分に塗布して、指の腹でクルクルとマッサージすることで毛穴の奥にある皮脂や角質や角栓を引っ張り出します。その後に泡洗顔をすることで洗い落とします。

 

半身浴&オリーブオイルで落とす手順

  1. 湯船の半身浴で汗をかき毛穴を開ける
  2. 湯船から出て顔の汗や水分を拭き取る
  3. オリーブオイルを適量(500円玉程度)だけ手に取る
  4. オリーブオイルを毛穴の汚れが気になる部分に塗る
  5. 指の腹でクルクルと馴染ませるようにマッサージする
  6. オリーブオイルをコットン(ティッシュ)で押し当てるように拭き取る
  7. ぬるま湯の泡洗顔でオリーブオイルや浮き出た汚れをしっかり落とす
  8. ぬるま湯でしっかりとすすいだ後で保湿ケアをする

 

この手順の中でも、指でのマッサージの代わりに、綿棒マッサージを行なうと黒ずみの解消に役立ちます。また半身浴&オリーブオイルで汚れを落とす方法は、毎日の基本洗顔を繰り返す中で、週に1~2回程度の回数が適当と思われます。

 

重曹を使ったパックや重曹水洗顔で落とす方法

重曹は洗浄力が強いことでも知られていますが、弱アルカリ性のため肌には優しい成分なのです。食品用の重曹を使って、重曹パックで落とす方法と重曹を洗顔料に混ぜて落とす方法、そして重曹水(炭酸水)で洗顔する方法の3種類を紹介します。

 

重曹パックで落とす手順

  1. 重曹小さじ2~3杯と水を混ぜ合わせてペースト状にする
  2. 顔に塗っても落ちこぼれないような固さに調整する
  3. ペースト状の重曹を気になる部分に塗ってパックする
  4. 顔に乗せたまま約5分~8分間放置する
  5. ぬるま湯できれいに重曹パックを洗い落とす

 

パックしたまま放置することで、洗顔だけでは落とし切れない汚れや古い角質まで落とすことができます。重曹の粒子は目が粗いので強く擦りつけると肌を傷付ける危険性もありますから、絶対に擦らないで下さい。また重曹パックは、週に1~2回程度までにしましょう。

 

重曹を洗顔料に混ぜて落とす手順

  1. 通常の洗顔時に使う洗顔フォーム(洗顔石鹸)を泡立てます
  2. 泡立てた洗顔フォームに小さじ1杯弱の重曹を入れてよく混ぜる
  3. 泡を気になる部分を中心にして塗ります
  4. 指の腹で優しくマッサージします。(決して擦らない)
  5. ぬるま湯でよく洗い落とします。

 

毎日の基本洗顔で使っている洗顔料に重曹を少し混ぜるだけの簡単な方法です。特に気になる黒ずみの部分などの汚れを落とす時に効果があります。マッサージする時には擦らないように優しく押さえるような感覚で行ないます。

 

重曹水洗顔で落とす手順

  1. 洗面器の半分くらいにぬるま湯を入れます
  2. ぬるま湯に重曹を小さじ1杯程度かき混ぜて重曹水を作る
  3. 重曹水(炭酸水)を手に取りながら優しく洗顔します
  4. ぬるま湯で重曹が残らないように良くすすぎ落します

 

重曹には、油を分解する働きがあります。したがってメイクの油残りや古い皮脂や角質を落としてくれる効果が期待できます。しかし洗浄力も強いため毎日の洗顔は避けて週に1~2回程度に抑えるようにしましょう。

 

まとめ

「毛穴の汚れを落とす方法」には、いくつかの効果的な方法がありますが、あくまでベースにすべき方法は、毎日行なう基本洗顔です。基本洗顔こそが正しいスキンケアの方法なのです。

 

この基本洗顔で使う洗顔料をキチンと泡立てて濃密泡でマッサージすることでほとんどの毛穴の汚れを落とすことができます。それでも落ちないしつこい汚れや黒ずみなどは、ここで紹介した方法を週1~2回程度取り入れることで、効果的に落とすことができます。

 

-美容
-, , , ,

Copyright© メソップ~健康のための情報集~ , 2017 All Rights Reserved.