ライフスタイル

多重債務を解決する方法

更新日:

消費者金融、カードローンなどいくつもの金融会社から借り入れをし、多重債務で心底悩んでいる方は少なくないはずです。

 

「毎月少額の返済を続けているけど終わりが見えない…」そのように、毎日が地獄のような生活を送っている方もいるはずです。こういった多重債務は、1人で抱え込んでいても何も解決はしません。

 

また、場合によっては解決できる悩みです。では、多重債務を解決する方法を見ていきましょう。

 

任意整理

多重債務でどうしようもなくなった場合、まず始めに考えたいのが任意整理です。任意整理とは司法書士にお願いをして、良い条件で支払いができるように債権者に交渉をしてもらいます。

 

消費者金融などに借り入れがあり、高金利で取引をしていた場合、払い過ぎていた利息を元に、借金を大幅に減らせる可能性もあります。裁判所は通さずに弁護士や司法書士にお願いするのが一般的でしょう。

 

借金が完全になくなるわけではなく、3年から5年程の分割払いになります。全てを自分で行なう事もできますが、手間などを考えると現実的ではありません。

任意整理のメリット

任意整理のメリットして、もし現在借金の取り立てに合っているとすれば、債権者からの取り立てがストップします。

 

任意整理の手続きが始まれば、債権者への返済もストップすることができるので、大きなメリットなるでしょう。また任意整理の最大のメリットといえば、利息制限法に基づく再計算が行われる事でしょう。

 

これが行われると、借金を大幅に減らせる可能性もあります。他にも利息をなくしてもらえる交渉を行なう事もできるので、利息がカットされることもあります。

任意整理のデメリット

任意整理をすると、新たな借り入れをすることは不可能となります。しかし、これは永遠に続くわけではなく、一定期間がたてば、再び借入する事は可能となっています。

 

これは信用情報機関に情報を登録されたからであり、その情報が消えるまでは借り入れをすることができないんです。また、任意整理は強制ではありません。

 

ですので、いくら交渉をしたところで、その交渉に確実に応じてくれるということではないんですね。中には、どんな交渉をしても断る債権者もいます。

 

特定調停

特定調停は債務者と有権者の間に裁判所が入り、借金の減額などの交渉を行います。基本的に任意整理を同じですが、任意整理の場合は間に入るのが弁護士、特定調停であれば裁判所となっています。

 

また、返済のストップ時期などにも違いがあります。任意整理では、遅延損害金や将来利息がカットされますが、特定調停に関しては、カットされずに支払わなければいけない場合もあります。

 

裁判所ごとの、調停基準によっても異なります。

特定調停のメリット

特定調停のメリットとしても、任意整理同様に取り立ても返済もストップする事ができます。利息制限法に基づく再計算も行われるので、返済金を減らせる可能性もあります。

 

特定調停は、手続きが簡単ということもあり自分で全てを行なう事が可能です。自分で行なえば費用は、かなり抑える事ができるでしょう。

 

他にも、民事執行停止の申立を行なえば、現在の強制執行手続きを停止することができます。

特定調停のデメリット

一定期間が過ぎるまで、新たな借り入れはできません。調停が長期間に渡って行われる為、非常に面倒に感じてしまう事でしょう。また、もし過払い金が発生していたとしても、返金されることはありません。

 

もし過払い金が発生している状態でも、請求するには特定調停が終わったあとでなければいけません。他にも万が一返済ができなかった場合、給料などの差し押さえを簡単にする事ができます。

 

個人再生

個人再生とは、借金を3年で返済する事を条件として現在の借入金を大幅に減らす方法の事です。特別な事情がある場合であれば、返済期間を5年にする事も可能です。

 

自己破産と任意整理の間をとったような方法で、自己破産のように全ての借金がなくなるわけではありませんが、借金の額は任意整理よりも大幅に減らす事ができるでしょう。

 

裁判所に認可される事によって実行が可能となります。

個人再生のメリット

個人再生のメリットは、なんといっても借金を大幅に減らせる点にあります。任意整理や特定調停においても、現在の借金よりも減らせますが、利息を減らす程度のものです。

 

しかし、個人再生においては元金までも減らす事ができるので、その差は大きいですね。また持ち家があっても、持ち家が差し押さえられたり、処分される事はないので住み続ける事は可能となっています。

 

また、個人再生の手続きが始まると、債権者は強制執行ができなくなります。

個人再生のデメリット

個人再生のデメリットとして、国が発行している官報という機関誌に住所と氏名が記載されてしまうという点があります。これをデメリットとするかは、個人によっても違うでしょう。

 

そもそも、官報を読んでいる人が自身の身近にいるのかによって違いますが、正直そこまで官報を読んでいる人は少ないはずです。個人再生をすると、5年から10年は新たな借り入れはできません。

 

また、保証人のついているローンに関しても、強制的な対象となるので外す事はできません。他にも、返済をするべき収入がなければ、個人再生の手続きをする事は不可能です。

 

自己破産

自己破産はその名の通り、自分が持ちうる財産を全て無くし、現状の借金を0にする方法です。裁判所に自己破産を申し立てて、免責を受ける事で全ての債務を無くしてもらうことができます。

 

収入がない人など、借金の支払が不可能となった人が自己破産の申し立てをできます。少しでも支払い能力があると、自己破産が認められない場合もあります。

 

また、借金の原因が浪費やギャンブルなどの自己都合といった場合であれば、自己破産が認められないケースもあります。

自己破産のメリット

自己破産は何といっても、債務が全て0になるので自己破産をした時点で、もう借金の事で悩む必要はありません。

 

また、財産を処分しなくてはいけないものの、自己破産後の給料などを差し押さえられる心配もありませんので、0からスタートしたいと考える方には自己破産はおすすめできるかもしれません。

 

自己破産の手続きを開始すれば、債権者は取り立てもできなければ、強制執行もする事は不可能となります。

自己破産のデメリット

自己破産をすると、弁護士や税理士、司法書士など一部の職業には就けなくなってしまいます。年齢が若いうちに自己破産をしてしまうと、就職の幅が狭くなってしまうので、大きなデメリットといえます。

 

信用情報機関に自己破産をした情報が登録される為、最低でも10年間は借り入れをする事はできません。

 

保証人付きのローンに関しては、保証人が支払わなくてはいけない事になり、自己破産をした場合は保証人に多大なる迷惑をかけてしまうことも考えられます。

 

また、個人再生と同じく官報に住所と名前が記載されるので、知り合いに自己破産をした事がばれてしまう事もあります。

 

まとめ

いかがですか?多重債務を解決するには、いくつかの方法があることを理解していただけたはずです。

 

それぞれのメリットとデメリット把握した上で、どれが自身に一番合っているかを考え、多重債務を解決していきましょう。また、これらの方法は専門家に相談した上で判断するのも良いでしょう。

 

法テラスや国民生活センターなどに相談ができますので、まずは一度連絡してみる事をおすすめします。

-ライフスタイル
-, , ,

Copyright© メソップ~健康のための情報集~ , 2018 All Rights Reserved.