肌きら

美容専門ライター集団が美容に関する情報を徹底検証し、皆様に役に立つ情報をわかりやすくお伝えいたします

趣味

マニュアル車を運転する方法

投稿日:

マニュアル免許を持っている人は多いと思いますが、オートマチック車の普及に伴ってマニュアル車に乗っている人は少なくなっているでしょう。そんなときに、突然マニュアル車を運転することになった場合には慌ててしまうという人もいるのではないでしょうか。好んでマニュアル車に乗っている人や、仕事でマニュアル車に乗っている人以外では乗る機会自体が滅多にないですよね。必要に迫られたときのために、マニュアル車の基本や特徴、そしてマニュアル車を運転する方法を紹介していきます。

マニュアル車の基本や特徴を知る

マニュアル車を運転する方法をみていくにあたってまずは、マニュアル車とオートマチック車の違いを押さえておきましょう。マニュアル車の基本や特徴を挙げていきます。

なんと言ってもクラッチ

オートマチック車と違うマニュアル車の特徴と言えば、まず挙げられるのはクラッチですね。左足でクラッチ、右足でアクセルやブレーキというポジションが基本になります。マニュアル車で免許をとったばかりの人がオートマチック車に乗ったり、それまでマニュアル車にしか乗ったことがなかった人がオートマチック車に乗ったときに左足でブレーキ、右足でアクセルを踏んでいたという笑い話もありますね。

 

クラッチに関してやはり挙がるのは、半クラッチでしょう。クラッチを踏むことでギアの回転が伝わって進むことができますが、半クラッチの加減をつかむのが難しいということですね。半クラッチに困った記憶はないという人も中にはいますが、多くの人が自動車学校で少なからず苦労したのではないでしょうか。

ギアチェンジ

マニュアル車の特徴としては、ギアチェンジも挙げられますね。オートマチック車ではドライブにいれておけばそのまま何もしなくても、自動でギアチェンジしてくれます。しかしマニュアル車の場合には自分でギアチェンジをしていく必要があり、クラッチの操作に加えてギアチェンジも必要なことが焦りの原因にもなっているでしょう。

 

ギアチェンジもそれぞれのギアに適した速度があり、感覚的に覚えていたことだと思うので取り戻すのに多少の時間は要するでしょう。あまり得意でなかった人にとってはなおさらですね。直線を走るだけなら問題ないかと思いますが、運転していれば信号や右左折も出てくるので、オートマチック車に慣れすぎているとやることが多く感じて焦ってしまうということでしょう。

ニュートラル

マニュアル車の特徴でもう1つ挙げられるのは、クラッチを踏めばニュートラルの状態ということですね。オートマチック車と違ってクリープ現象は起こらず、エンジンブレーキも強いと言えます。マニュアル車だったところからオートマチック車に乗るようになると、ブレーキのタイミングが遅れるということはよく言われますね。

 

制動距離が伸びるということは覚えておいた方が良いでしょう。また、マニュアル車に慣れていると、停止中のブレーキが甘くなることも言われています。オートマチック車ではブレーキが甘いとクリープ現象で進んでいってしまうので、ものすごくゆっくり前の車に追突してしまうという経験がある人もいるのではないでしょうか。

マニュアル車を運転する方法①発進

ではここからは、マニュアル車を運転する方法として具体的にみていきましょう。まず最初は、発進です。

エンストしないために

マニュアル車で発進と言えば、ほとんどの人が気にするのがエンストですね。特に公道でエンストを起こしてしまったときはパニックに近いくらい焦ってしまう人もいるでしょう。エンストしないために重要なのが、半クラッチの感覚を早くつかむことですね。

 

多くの人がアクセルを踏みながらクラッチを離していくかと思いますが、実はアクセルは踏まなくてもゆっくりクラッチを離していくと前に進んでいきます。その進み出すところが半クラッチのちょうど良いところとされているので、早くつかめるように感覚を集中しましょう。

坂道は?

平坦な道での発進の次に考えなければならないのは、坂道での発進ですね。クリープ現象があって、アクセルを踏むだけ良いオートマチック車と違って、マニュアル車は操作のタイミングが重要になります。平坦な道では苦労しなかったけど、坂道はとても苦労したという人も中にはいるのではないでしょうか。

 

坂道発進でのポイントは、エンジンの回転数とクラッチ操作、そしてサイドブレーキをタイミングよく合わせることです。クラッチを離していくときにアクセルが緩む場合や、クラッチ操作が遅いことがよくみられるケースとされているので、躊躇なく操作していきましょう。坂道なのでアクセルは通常よりも強めで大丈夫であり、クラッチをためらうとうまくいかないのでサイドブレーキと合わせてタイミングよく操作していきましょう。

エンストの原因は?

では次は、エンストを起こしてしまう原因について理解しておきましょう。マニュアル車を運転する方法に関連しては必須とも言えますね。

半クラの加減

エンストの原因で多いのは、半クラッチの加減がまずは挙げられます。クラッチが弱いとガタガタ揺れ、エンストしてしまうというのがわかってくると少し長めに踏むようになってくると思います。教習所でのエンストはやはり弱いことが多いということです。

 

教習所の車は少しエンストしやすいようになっているとも言われているので、加減をつかむことが重要ということですね。一方で、クラッチが長いとそれだけ負担がかかるので、自身の車であればそれは避けたいと思うのが当然でしょう。購入してからエンストしやすいというのは、負担を避けたいという気持ちから弱くなることが原因ともされているようです。

ギアの選択

エンストの原因で多いものとしては、ギアの選択も挙げられています。発進時の場合は単純なロー以外への入れ間違いが多いようです。走行中の場合には、速度に合わないギアで走っているということが挙げられます。

 

ギアが間違っていると音がするので、普段と違う音がしたらクラッチを踏みましょう。そしてギアを確認することが大切です。

マニュアル車を運転する方法②ギアチェンジ

マニュアル車を運転する方法について具体的な内容の2つ目は、ギアチェンジです。クラッチと合わせてスムーズにできるようにしましょう。

どのくらいでギアチェンジするのか

スムーズなギアチェンジは乗っていても快適ですし、車への負担も少ないのでみんな目指すところですね。およそ2000~3000回転くらいでシフトアップするのが一般的とされています。上述した坂道の場合は、急斜面であれば4000ほどいくこともあるようです。

 

常にトップまで入れなければならないということはないので、道路の状況などに合わせて使い分けができると良いですね。

スムーズなギアチェンジのために

ギアチェンジにはシフトアップだけでなくシフトダウンもあります。回転数があっていないと音が大きくなったり、急なエンジンブレーキがかかるので反動が出てしまいますね。ブレーキだけでももちろん運転として問題はないですが、シフトダウンも使いこなせるとより楽しくなります。

 

操作感がでるだけでなく、やはり見栄えも良いですね。車によって回転数は異なってくるので、ギアごとにスピードや回転数の目安をつけておくと良いでしょう。

マニュアル車をかっこよく乗りこなそう!

マニュアル車を運転する方法について、発進やエンスト、ギアチェンジなどを紹介してきました。マニュアル車は操作感が魅力でもあり、その所作はかっこよくもありますね。もし乗る機会がある場合には、これらのことを押さえて運転していきましょう。

-趣味
-, ,

Copyright© 肌きら , 2018 All Rights Reserved.