肌きら

美容専門ライター集団が美容に関する情報を徹底検証し、皆様に役に立つ情報をわかりやすくお伝えいたします

スポーツ

プロスポーツ選手になる方法

更新日:

プロスポーツ選手になりたい!と思ったら、あるいは自分の子供がそう言い始めたら、どうすればよいのでしょうか?プロスポーツ選手になるにはとても大変な努力が必要になります。夢をあきらめてしまうのではなく、夢に向かって努力することは大切なことです。プロスポーツ選手になる方法を考えていきましょう。

プロスポーツ選手になりたい!と思ったら

プロスポーツ選手になりたい!と思った時にどうすればよいのでしょうか?自分が思ったとき、そして自分の子供が思ったときにどのように対応すればよいのかを考えていきましょう。

子供がプロスポーツ選手になりたいと言い出したら

自分の子供が「プロスポーツ選手になりたい」と言い出した場合、本人の意思をしっかり確認しましょう。子供の持つ夢はまさに日替わり。明日には全く違う職業につきたいということもあります。ですから、まずは様子を見てあげることが大切です。親としてしっかりと見守っていきましょう。

決して否定しない

子供がプロスポーツ選手になりたいという場合には「あなたには無理だよ」という否定の言葉は絶対に言ってはいけない言葉です。無理だと思っていたとしても、「精一杯がんばってごらん」という声をかけましょう。子供の意思は絶対ではなく、変わりやすいものです。無理だと思ったら自分であきらめることもあるでしょうし、逆にあなたが励ましたその一言によって、自分の持っている能力を開花させることもあるのです。まずは優しく見守ってあげましょう。

 本当にプロスポーツ選手を目指したいという場合

子供が本当にプロスポーツ選手を目指したいという場合には、親としてはしっかりとサポートする必要があります。親として、プロスポーツ選手になるにはどのような進路をたどれば良いのか、どのような食生活にすればよいのか、家庭で出来るトレーニングはあるのかなど、さまざまなことを下調べしておきましょう。また、どれくらいお金がかかるのかということも調べておく必要があります。

最初の指導者を見つける

子供の頃にしっかりと基礎的な技術や精神的な方向付けを身につけるため、指導者選びは慎重に行いましょう。子供のうちは環境に大きく左右されます。より良い指導者、よりよいチームを選ぶことが大切です。子供の性格によっては厳しくされすぎるとつぶれてしまうという場合もありますし、逆に厳しく指導されても打ち勝つことの出来る場合もあります。自分の子供の性格をしっかりと把握し、それに合わせた環境を与えてあげましょう。

自分がプロスポーツ選手になりたいと思ったら

自分がプロスポーツ選手になりたいと思ったら、まずはどのようなことをすればよいのか調べてみましょう。当然、持久力や筋力などのトレーニングは必要ですから、効果的なトレーニング方法を調べるのも必要でしょう。学業や仕事と両立出来るのか、それとも学校や仕事などを辞めてプロのトレーニングに専念するのか、もし失敗した時にどのような道に進むことになるのかなど、多くのことを入念に調べておきましょう。人生をかけた選択になりますから、軽々しい行動をせず、慎重に下調べをしておきましょう。

トレーニングを行う

プロスポーツ選手になるためには体力や筋力などをアップさせることが必要です。

体力・持久力を上げる

どのスポーツを選んだ場合であっても、持久力は絶対に必要なポイントです。ランニングは持久力をつける基本になりますが、体全体の筋力をつけつつ体に負担が少なくトレーニング出来る水泳や水中ウォーキング、座ったまま持久力や下半身の強化が出来るエアロバイクなど、怪我をしにくく効率の良いトレーニング方法を選ぶと良いでしょう。

筋力トレーニングをする

筋力トレーニングも必要なメニューです。種目によって使う筋肉の部位や筋肉の質なども全く異なります。野球やサッカーは下半身に筋肉がつきやすいですが、筋肉のつき方は異なり、野球や大臀筋や太ももに、サッカーは太ももとふくらはぎやスネに筋肉がつきやすくなります。一方、バスケットボールならば俊敏性や瞬発力が求められるため、パンプアップする筋肉ではなく、引き締めるタイプの筋肉がつくようになるでしょう。どの筋肉を鍛える必要があるか、そしてどのようなトレーニングが効果的なのかをしっかりと調べて効率の良いトレーニングメニューを考えましょう。

テクニックをつける

筋力や体力だけでなく、テクニックも必要不可欠な要素です。実際にやってみないとテクニックは身につかないですが、プロのテクニックを研究し、真似てみるというのも有効です。

基礎的な技術をしっかりと身につける

天才的なプレーをすることが出来る一流のトッププロであっても、基礎的な技術を身に付けずに活躍できるなどということはありません。「基礎」と聞くと「簡単」と思いがちですが、どのようなことにも応用でき、どんな難しいプレーをする場合でも使える、もっとも重要なテクニックを「基礎」と呼ぶのです。サッカーで言うならば「止める」「蹴る」を正確に出来ることが基礎になりますし、世界一の選手と言われているリオネル・メッシ選手のプレーも、「止める」「蹴る」をどんな場面でも正確にできるからこそ「世界一」と言われているのです。

ビデオでプロのテクニックを研究する

自分が参考にしたいプロスポーツセンスのテクニックをビデオなどで研究してみましょう。最近ではプロのプレーをまとめた動画などがYou Tubeで数多く見られるようになっています。一つ一つのテクニックだけでなく、ポジショニングや姿勢、体勢、ボディバランスや視点など、参考にするべきところは非常に多岐にわたります。

テクニックを実践してみる

本やビデオを見て研究するだけではテクニックは身につきません。実践トレーニングを行う中で、プロの技術を真似していきましょう。もちろん、いきなり真似て成功するとは限りませんから、基礎的なトレーニングをしっかり積んで、徐々にステップアップしていかれるようにしておきましょう。それでも、プロのテクニックを「成功例」「理想形」として意識しておくことは大変大切なことです。

テストやセレクションを受ける

プロスポーツ選手になるために、プロテストの受験が必要な場合や、チームなどに所属することが必要な場合があります。

プロテストが必要なスポーツ

ボクシングやゴルフ、相撲などはプロテストに合格することが必要になります。テストの内容や合格率などはスポーツによって異なりますが、基本的には実技試験とルールなどの学科試験による場合が多いです。プロテストに合格すればプロ選手として認められますが、そこからプロとして継続して活動していくためには、さらに努力が必要になります。

チームに入団することが必要なスポーツ

集団でのスポーツの場合、チームに入団、あるいは所属してプロ契約を結ぶことがプロスポーツ選手になる方法です。この場合、単年あるいは複数年での年俸契約になる場合が多く、仮に試合に出ることができなくても給与を受け取ることができます。もちろん、チームにとって必要でないと判断された場合には解雇や契約を延長できない場合がありますので、プロスポーツ選手になったあとも継続的に努力をし続ける必要があります。

プロスポーツ選手になる方法は一朝一夕では到達できないもの

プロスポーツ選手になりたい!と思ったらすぐになれるわけではありません。当然ながら、普通の人には真似のできないくらいの努力を日々続けていくことが必要です。もちろん、プロとして活躍できるようになるためには才能が必要になる場合も多いでしょう。挫折を味わうことも多いかもしれません。あらゆる困難を乗り越える精神力と努力を続ける力が、プロスポーツ選手にとっては最も大切なものだと言えるでしょう。夢に向かってがんばっていきましょう。

-スポーツ
-, , , , , , , ,

Copyright© 肌きら , 2018 All Rights Reserved.