肌きら

美容専門ライター集団が美容に関する情報を徹底検証し、皆様に役に立つ情報をわかりやすくお伝えいたします

ライフスタイル

ドリフト走行の方法

更新日:

ドリフト走行は運転テクニックを向上させるのには必要なものです。カーアクションやカーレースのように格好良いドリフト走行を極めたいと考える人もいることでしょう。

 

ドリフト走行にはいくつかの種類があり、それぞれ難易度が変わってきます。初心者の方でも、練習を続けることでドリフト走行を行えるようになるでしょう。では、ドリフト走行の方法をご紹介していきます。

 

基本的なドリフト走行の練習方法

いきなり高度なドリフト走行をしようとしても無理なので、基本的なドリフトのやり方から練習していきましょう。

 

どんなにセンスがあっても、ドリフト走行のイメージができていても、こういった基本を押さえておかなければ、上達はあり得ません。では、ドリフト走行の練習方法をお伝えしていきます。

円描き

場所は、障害物のない広い場所を選んで下さい。クラッチを切った状態でハンドルを全開に回します。そして、アクセルを入れクラッチをつないでみましょう。

 

車の後部を空転させながら円を描くように廻ります。これを繰り返し行い、描く円の大きさを操れるようになるまで練習しましょう。コーンなどを置いて、8の字を描けるように練習するのも効果的です。

サイドターン

こちらも広く長い場所が最適です。車を直進させ、ある程度のスピードを出します。そしてその状態でクラッチを切り車を廻したい方向へハンドルを回し、サイドブレーキを引きましょう。

 

中途半端にやるのではなく、クラッチとハンドルとサイドブレーキを思い切りよく切って回して引くことがポイントとなります。あまりスピードが出ていない状態でやるとうまくいきません。

コーナードリフト・クラッチ蹴り

コーナー手前にスピードを出して進入、そこでクラッチを切りハンドルを角度に合わせて回し、サイドブレーキを引きましょう。これでうまくコーナーを抜けれるように練習します。

 

同じ状態でクラッチを切り、ハンドルを回すと同時にクラッチをつなぐ練習もしておきましょう。

 

ブレーキングドリフト

ドリフト走行の中でも比較的やりやすく、中級者向けといえば「ブレーキングドリフト」になります。ブレーキングドリフトは、ブレーキのみでドリフト走行を行なうテクニックで、最もポピュラーなドリフトといえます。

 

慣れるまでに多少の時間は掛かりますが、ドリフト走行の基本をマスターしたら是非挑戦したいドリフトです。

やり方

ブレーキングドリフトで重要なポイントは、ブレーキの踏み方です。ブレーキの踏み方一つでドリフトがうまくいくかが決まります。

 

タイヤをロックさせようと、思い切りブレーキを踏んでも、コントロールをすることが難しくなってしまいます。ですので、強く素早いブレーキングで、タイヤがロックする直前に踏むということが大切です。

 

このブレーキを踏むタイミングを覚え、ハンドルを回し加速していくのがブレーキングドリフトの基本的なやり方になります。

練習方法

ブレーキングドリフトの練習として効果が高いのが、まずは曲がる事を意識するのではなく、直線である程度のスピードを出し、そこからブレーキを踏むといった練習が良いでしょう。

 

そして、どのくらいの強さで踏めばタイヤにロックがかかるのか?そういった感覚を身に付ける事が大切になってきます。

 

慣性ドリフト

慣性ドリフトはスピードに乗ったままコーナーに入り、そのままアクセルオフ、そうすることで車を横滑りさせてドリフトを行なう方法です。

 

ドリフト走行の中でも、究極のドリフトと言われており上級者がやるドリフトテクニックです。

やり方

まずはスピードを出しコーナーに進入、そして曲がる方向へハンドルを回しましょう。そこでアクセルを離すとテールがスライドするので、フロントが内側を向きます。

 

そうなった状態で再びアクセルを踏み、加速していきましょう。コーナーに進入した段階で、すでに出口方向を向き、スピードを落とさずにドリフト走行していくのがポイントとなります。

 

サイドブレーキドリフト

車が旋回している状態の時にサイドブレーキを引き、そのままドリフト走行へともっていくのがサイドブレーキドリフトになります。やり方はシンプルで、初心者向けのドリフトテクニックとなります。

やり方

コーナーに進入した時に曲がりたい方向にハンドルを回し、そのままサイドブレーキを引きテールスライドを誘発させます。

 

テールが滑り出したら、サイドブレーキを戻しアクセルをコントロールしていきましょう。低速でドリフトをした場合などの行われることが多いです。

 

フェイントモーション

フェイントモーションとは、曲がる方向とは逆にハンドルを回し、すぐに回したい方向へハンドルを回すことによってテールスライドを誘発する方法になります。

やり方

コーナーに進入する際に、内側の方から走行し曲がりたい方向と逆の方向へステアリングを切ります。そして、車の前方に荷重を乗せましょう。

 

その後すぐに曲がりたい方向へステアリングを切ります。アクセルを踏んで加速しながらコーナーを出れば成功です。

 

ドリフト走行の注意点

ドリフト走行はいっけんハードルが高く感じてしまう運転テクニックですが、コツさえ掴めば誰にでもできるようになるでしょう。

 

しかし、見よう見真似でできるほど甘いものではありません。では、ドリフト走行をマスターするにはどういった注意点を意識しなくてはいけないのかをお伝えします。

指導者に教えてもらう

ドリフト走行は独学で覚えようとするのではなく、しっかりとした指導者の方に教えてもらうようにしましょう。

 

そうしなければ、無理なドリフト走行をしてしまい事故を起こしてしまう可能性もありますし、何よりテクニックが上達しないことでしょう。

 

しっかりとした指導者というのは、つまりあなたの師匠にあたる人のことですね。指導者の探し方としては、車を購入したところで見つけたり、SNSなどで探すのが効率的でしょう。

 

安全を考慮した上でも、師匠からの指導は大切なことです。

普段からイメージすることが大事

少しでもドリフト走行が上手くなりたいと考えるのであれば、普段から練習をしたりすることが大切です。中でも、ドリフト走行を常にイメージしておくことが重要です。

 

いわゆるイメージトレーニングというやつで、こういった地味な積み重ねが、上手くなる為には重要なポイントです。

 

頭の中でイメージするのも良いですが、youtobeなどのドリフト動画を見ながらイメージトレーニングをするのは、効果が高いといえるでしょう。

 

また、他にもドリフト仲間を作る事でも、お互いのテクニックを共有できたりもするので、上達は早くなると考えられます。

道具も揃える

車さえあればドリフト走行ができるだけではありません、ドリフト走行をする上で、最低限必要な道具があります。最も重要なのが、タイヤ交換をする際に必要な道具ですね。

 

ローダウンジャッキやローダウンスロープ、十字レンチやエアゲージ、電動インパクトなんかもあると良いでしょう。

 

他にも、ドライバーやニッパ、スパナ、レンチといった工具もあると重宝します。また、牽引ロープ、タイヤの空気入れ、ブースターケーブル、パンク修理キットがあれば、安心してドリフト走行をすることができます。

 

かなりの数の道具が必要ですが、備えあれば憂いなしということで、揃えれる物は全て揃えるようにしましょう。

-ライフスタイル
-, , ,

Copyright© 肌きら , 2018 All Rights Reserved.