肌きら

美容専門ライター集団が美容に関する情報を徹底検証し、皆様に役に立つ情報をわかりやすくお伝えいたします

対人関係

ソシオパスを克服する方法

投稿日:

社会病質者とも言われ、深刻な反社会性パーソナリティ障害の1つに分類されるソシオパスですが、自身では気付くことは難しく、治療も進みにくいのが現状のようです。自身がソシオパスと診断されたり、その疑いがあると自覚した場合には、どのようなことができるのでしょうか。ソシオパスを克服する方法について、いくつかの方法をみていきましょう。

ソシオパスを克服する方法①トラウマからの解放

ソシオパスを克服する方法としてまずはじめに挙げるのは、トラウマからの解放です。心の傷が影響を及ぼして、ソシオパスの傾向が出てくる原因になるとされています。

ソシオパスは後天的

反社会性パーソナリティ障害と言うと、ソシオパスよりもサイコパスの方が知られているかもしれません。どちらも犯罪を躊躇なく引き起こしてしまう懸念があることなどの点から治療が必要とされており、社会全体で3%ほどの人にみられるとされています。しかし、サイコパスの方は先天的な素因や器質が関係しているとも言われているのです。

 

一方でソシオパスは後天的な影響が強いと言われています。家庭環境や受けてきた教育、思想などによって反社会性が形成されてしまうことがあるということですね。子どものときに受けた教育が思想や信条に影響を与えるというのはみなさんよくご存知だと思います。教科書の重要性や報道の偏向など、触れるものが影響を与えるというのは国際関係などをみても明らかですね。

トラウマから人格形成に歪みが

子どものときに受けた教育や環境によって後天的に反社会性が形成されると述べましたが、トラウマになるほどの虐待など強いきっかけが要因になるとも言われています。いわゆるPTSD、日本語では心的外傷後ストレス障害ですね。自身が悩まされるだけの内向きの影響もあれば、ソシオパスのように他人に害などを及ぼしてしまう外向きの影響もあるということです。

 

もともと反社会性が形成されやすい土壌があって、そこにトラウマなどの強いきっかけが要因となり、ソシオパスの傾向が出たり、ソシオパスと診断されるに至るということですね。

トラウマの治療

ソシオパスに対してトラウマからの解放が有効だったということが認められているようです。自身がどのようなトラウマをもっているかさえわからないという場合もありますが、中には自覚している人もいるでしょう。カウンセリングを受けていくことで精神面の変化が現れたり、催眠療法などで深層を探っていくということも行われています。

 

トラウマの影響が弱くなっていくことで、言動や思考にも変化が出てくるということですね。

ソシオパスを克服する方法②自己の客観視

ソシオパスを克服する方法として次に挙げていくのは、自己の客観化です。トラウマなどの強いきっかけがない場合でも、自己の言動が影響を受けていることやものなどはあるとされています。

言動の客観視

自身が言った言葉やとった行動に対して、それを第3者からの視点でみたり考えたりすることが有効とされています。相手に攻撃的になってしまったり、嫌なことをしてしまったりした後に、改めて整理してみると良いということですね。相手の言動と自分の言動を第3者の視点でみることで、新たな気付きが得られるということです。

 

もちろん正確に記憶されているわけではないことや、同じ言葉でもお互いの捉え方が違うといったズレは生じますが、違う視点でみてみるということ自体が大切です。また、記憶は時間が経つと自身に都合の良いように改ざんされるという特徴もあるので、早いうちの方が良いでしょう。

思考の客観視

言動について第3者の視点でみることや考えることができるようになってくると、新たな気付きがあると思います。そこからさらに掘り下げていくと、そのときの感情や思考がどうなっていたかまで深められるでしょう。そしてさらに新しい気付きが得られるということですね。

 

相手の言葉にカッとなって起こした反応でも、冷静になって思い返してみると違うニュアンスだったのではないかと思えることもあります。これはソシオパスに限らず、普段の私たちの生活でもありますね。

自身の傾向が見えてくる

客観視することを続けていくことで、より深く自身を見つめられるようになるなど気付きも増えていくとされています。どのような感情を抱きやすいかといったことや、特定の言動に反応しやすいなどですね。

 

就職活動では自己分析をして適正や自身の傾向を明らかにすることからはじめます。治療の場合もまずは自身の傾向を掴むことが大切とされていますね。分野に限らず。自分を知るというのは就活でも治療でも、人生においても一緒ということでしょうか。

ソシオパスを克服する方法③認知行動療法

ソシオパスを克服する方法として次に挙げるのは、認知行動療法です。近年幅広く取り入れられている治療方法でもあり、様々な応用研究がされています。

人間は習慣に形成されていく?

認知行動療法とは字の表すように、ものごとを認知して行動していく治療法です。精神領域の治療や、痛みの治療などに使われています。脳への入力や出力にアプローチするということで、薬を使わない治療であり、習慣付けをしていくというイメージでも良いでしょう。

 

特定の習慣や感情で身体に原因がなくても痛みが脳で作り出されることは明らかにされています。精神領域の場合も、特定の言動や環境などに対して習慣化してしまうことで影響を受けるということですね。これらの習慣を認知し行動を変えていく、つまり入力を適切に認知し、出力という行動を変えていくというのが認知行動療法です。

 

ソシオパスにもこのような治療が有効ということですね。

自己の客観視で半分は終わっている

上述した自己の客観視をすることで、認知行動療法の半分は終わっていると言えるでしょう。言動などを適切に把握することで、どのような反応を示すのかという傾向がわかるということですね。そしてその傾向を自身で理解し、行動を変えていくということです。

 

なかなか客観視が難しいとされていますが、毎日の記録で習慣化することで行動や思考に変化をもたらしていくことができるでしょう。

病院や治療の選択は慎重に

ソシオパスを克服する方法を紹介してきましたが、自身だけで克服していくというのはなかなか難しいでしょう。病院での治療を受けるということになるかと思いますが、慎重に選ぶ必要があります。

専門医を探すことが重要

まず大事なのは、ドクターにも専門があるということです。ソシオパスなど反社会性のある病態を専門にしているドクターが近くにいれば、最初にそこを受診しましょう。

 

専門医でない場合には、とりあえず薬物療法がとられ経過観察など、通り一遍の治療しか受けられない場合もあります。親身になってくれるドクターや、信頼できると思えるドクターの治療を受けましょう。

治療法は確立されていないことも知っておく

専門医を探すことはもちろん大事ですが、すべてを委ねるという意味ではありません。どの疾患でも共通ですが、治療は本人があってこそです。有名なドクターや専門のドクターがみつかって治療が受けられたから必ず良くなるということではないということですね。

 

治療法がしっかりと確立されているものではないということを認識し、根気よく取り組んでいきましょう。

まずは自分のことを知ろう!

ソシオパスの克服には、どのような治療であれまずは自分を知ることが重要です。自身でそれらに努めることはもちろん、家族や周囲の人、そしてドクターなどのサポートを受け、適切に克服していきましょう。

-対人関係
-, ,

Copyright© 肌きら , 2018 All Rights Reserved.